miya

なんくるないさ

できる男の老けない習慣

まとめ

  1. 腎臓は、コルチゾール(ストレスを感じると出る)とテストステロン/DHEAを生成する。→ストレスを感じない生き方をするとテストステロンが働きやすい
  2. 日頃から競争。競争に勝つ/適切な食事
  3. 毎日をルーティン化するな。レアなことを取り入れる。アルコールはほどほどに。

本題

こんな男ってかっこいいですよね。

  • できる男
  • 老けない若々しい男

そんな思う人が大半だと思います。そんな人がつい手に取ってしまうような本を見つけました。

この本で特徴的だったところを抜粋して、自分の感想や感じたことを書きました。

本の中身が興味ある人は、ぜひ読んでみましょう。

1.できる男が若々しいのは、男性ホルモンが原因

大事だと思ったこと: ストレスがたまらない生き方が必要。 ストレスで爆食して太ると、脂肪細胞がテストステロンを変換してしまう。

男性ホルモン(テストステロン)の分泌量が低下すると、見た目が老ける。

以下のような人は注意

  • 勝負事に負ける
  • 中間管理職や満員電車で通勤する人、長時間座っている

またAGAの薬は、ハゲを抑制する代わりに男っぽさを減らしてしまう可能性がある。

太ると肥大した脂肪細胞が増える。この脂肪細胞は、テストステロンを女性ホルモンに変えるアロマターゼ(酵素)を分泌する。太ってい人は要注意。

2.腎臓を労われば、見た目が変わる

大事だと思ったこと: 過度にストレスを溜めない生き方が必要

  • テストステロンだけではなくDHEAも大事。DHEAはテストステロンを生成する。

  • DHEA (デヒドロエピアンドロステロン): 腎臓で生成される。

ここで、ストレスの話に戻ります。人はストレスを感じると腎臓でコルチゾールというホルモンを生成します。

つまり腎臓は、コルチゾールとDHEAを生成します。

ストレスを感じることでコルチゾールを生成してしまうことので、腎臓がDHEAを十分に生成できなくなり老けにつながる

3.老けない男は何を食べるのか

大事だと思ったこと: 意外ととれていない食品がある印象。しかし何事もバランスが大事。

とるべき

亜鉛は、普段の食事では不足することはない。しかし、ストレスにより体内の亜鉛消費量が大きくなってしまう。

  • セロリ: アロマターゼ(酵素)の働きを抑える。太っている人には嬉しい。

  • キュウリとスイカ、ゴーヤ: 血管を拡張するシトルリンが豊富。

  • トウモロコシとそのひげ: テストステロンを生成する成分が入っている

  • オートミール: コレステロール値、血糖値の上昇を抑える。ストレスの緩和につながる成分(トリゴネリンやアベニン)も含まれている

  • チーズとナッツ: トリプトファンが豊富。良い睡眠につながる。

良い睡眠を取るためにメラトニンが必要。 タンパク質→トリプトファン(必須アミノ酸)→セロトニンメラトニン

  • 良い油: 強い抗酸化作用のあるオメガ3 系の油。アマニ油やエゴマ油。EPADHAを含む青魚。

とらない方が良い

  • 大豆: イソフラボンが関係。女性ホルモンの影響を受けてしまう。

  • 悪い油: 熱されたアマニ油やエゴマ油。EPADHAは酸化しやすいので気を付ける。

4.老けない生活習慣

大事だと思ったこと: 運動を取り入れたルーティン+αで、ときめきを覚えるべきである。普段やらないことをやろう

  • 無理して筋トレや運動をしない。無理した運動は、ストレスが溜まりコルチゾールを生成してしまう。特にフルマラソンは、テストステロン値を下げやすい。楽しめる程度に運動をする

  • 筋トレと有酸素運動は半々にするのがベスト。テストステロン値がより良くなる研究がある

  • ブルーライトを浴びすぎない: ブルーライトは、脳を昼間だと錯覚させる。そうなると夜に上がっていくはずのメラトニンの量が減る。

  • 人と競い合う: 競争心とテストステロンは相関関係がある。歳とっても若くありたいなら、日頃から勝負せよ

  • ときめきを大事にする: ときめきを感じるとDHEAの分泌が促される。

  • 休日は↑上記が含まれるような日にすると良い

    • スポーツを1時間ちょい
    • 達成感を味わえて没頭できる何か(プラモや映画や絵画等)
    • しかし交感神経が優位になるものは避ける
    • お笑いを見てストレス軽減する
    • ヨガ等で副交感神経を優位にさせる。

老け習慣

大事だと思ったこと: ホップがテストステロンを下げる可能性がある。ビールはやめよう。

  • 時間が経った揚げ物を食べる: 揚げたてかつ新鮮な油で揚げたものが良い。酸化した油は、動脈硬化につながる。

  • 勝負に負けること: ギャンプルや賭け事で負ける頻度が多いと、テストステロン値は下がってしまう。

  • アルコールは適量:

    • ビールは500mlが目安。またビールに使われるホップは、女性ホルモン(エストラジオール)と似た成分があり、テストステロン値が下がる。
    • アルコール分解するために、大量のビタミンが消費される。男性ホルモン生成が阻害される。
    • 脳を活性化させてしまうので、寝ようとしても良い睡眠にならない。
    • 女性ホルモンの一種であるエストラジオールに似た物質が蓄積される。

アンチエンジングの最先端

大事だと思ったこと: この章は、今悩みがある人に行動してもらう章である。自分は特に必要性は感じなかったのでスルー。

感じたことまとめ

  • 男を下げる要素が自分のルーティンにも組み込まれていることを知った。

  • 男を上げる要素を自分のルーティンに取り入れて、若々しく生きていきたい。

  • 特に、競争心&ときめき&アルコールを意識して生きる必要がありそう